愛情物語:THE EDDY DUCHIN STORY

愛情物語

実在のピアニスト、エディ・デューチンの生涯を描いた1956年製作の伝記映画です。

ピアニストとして身をたてるべく、ニューヨークのセントラル・パーク・カジノのオーケストラ指揮者ライスマンの元に現れた若者エディ・デューチン(タイロン・パワー)は、その才能は認められながらもライスマンに雇われる事は出来なかった。

地方都市から一旗揚げようとニューヨークに出てきたのに、期待はずれの結果に気落ちしたエディは、目に留まったグランド・ピアノの前に座りショパンのノクターンを弾きだす。

たまたまその夜のパーティの準備に来ていた資産家の姪マージョリー・オルリックス(キム・ノヴァク)がその音色を聴き、エディに同情して、オーケストラ演奏の合間にピアノを弾けるようライスマンにとりなしてくれる。

ところがその日のエディの演奏は評判となり、これをきっかけにしてエディはピアニストとして名を成し、マージョリーと親しくなり、そしていつしか二人は恋に落ちて結婚、子供をもうけるのだが、一人息子の出産と同時にマージョリーは帰らぬ人となってしまう。

心から愛したマージョリーを亡くして失意に沈むエディは、生まれたばかりの息子ピーターをニューヨークに残したまま、南米に旅立つ。



ベニイ・グッドマン物語やグレン・ミラー物語のような実在のミュージシャンを主人公にした伝記音楽映画を当時のハリウッドは沢山作っているようですが、原題のエディ・デューチン物語を愛情物語と邦訳した映画関係者のセンスが、作品の内容を上手に表していて素敵です。

深く愛し合った妻マージョリーとの関係だけでなく、ギクシャクする息子ピーターとの関係やピーターの子守役のような女性チキータとの関係などが、伝記映画とは言えエディの心の動きをきめ細やかに描いているように思います。

セクシー女優のキム・ノヴァクの表情も良いですねぇ。上流階級のパーティに客として招かれたと誤解して有頂天になったエディが、実は演奏家として呼ばれたと分かって気落ちした時に、ピアノを弾くエディの隣に座った令嬢のマージョリーが「私がついているわ、ご不満?」という場面が管理人は好きです。

カーメン・キャバレロが演奏するショパンのノクターンを基にしたトゥ・ラヴ・アゲインも効果的で、管理人はホロヴィッツが弾いているノクターンを聴いてもこの映画を連想してしまいます。こういう恋愛映画も良いものですね。


製 作 1956年 アメリカ
監 督 ジョージ・シドニー
出演者 タイロン・パワー 
キム・ノヴァク
ヴィクトリア・ショウ
ジェームズ・ホイットモア
レックス・トンプソン
音 楽 ジョージ・ダニング


サブコンテンツ

このページの先頭へ